nikq::cube

2006年04月の記事

<< 前のページ | 次のページ >>

2006年4月18日(火) 22:44

今日の川崎

川崎体育館での練習。
ロイター板を使って前宙をひたすら特訓。

高さを出すのが難しい。
最後に伸びて着地するとか
人間にできるのかこれ?って感じでした。

でもなんか一緒に練習してた人がParkourに興味を持ったらしくて
いろいろ話をした。今頃googleしたりしてるのだろうか。

written by nikq [/parkour] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(4)]

2006年4月16日(日) 22:09

PathTracing 2D

レイトレ2Dの続き。
今度は経路積分法(path tracing)。

pathtrace

Kajiyaのレンダリング方程式の直接解法として提案されたpath tracingは、
MCMC(Markov-chain mote carlo)で積分値推定を行う手法である。

入射ポイントに対して、
radiance(レイ) = 自己照明 + ∫( brdf(ω)*ランバート項*radiance(ω) )dω
という方程式を解いていくのだけど、
実際には効率の点から
・再帰をロシアンルーレットで打ち切る
・dwではなく、一本だけのレイを追う
などの変更を行ったものがpath tracingと呼ばれるアルゴリズムである。

ソースコードとか

written by nikq [/program] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)]

2006年4月15日(土) 22:53

東大のマオさん

Texture synthesisについて調べていたら、
東大のXiaoyang Mao(茅 暁陽)さんという人物にぶつかった.

http://www.hci.media.yamanashi.ac.jp/mao/

え、何だこの人。
二物を与えられすぎ。
CG界のアイドルですか

written by nikq [/program] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)]

2006年4月13日(木) 23:32

MLTすげえ

Indigo forumより.
http://www.flipcode.dxbug.com/board.php?topic=269

透明マテリアルでレンズをモデリングして、
適当なカメラ&スクリーンを作ってみるというテストが行われている。

MLTは一度レンズを通るパスを見つけられれば
その後は摂動&レンズ変異でレンダリングを続けられるので
それなりに面白い絵が取れるようだ。

ついにToycamをレンダラで再現する時代になったのか。

written by nikq [/program] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(4)]

2006年4月13日(木) 23:07

大阪行ってました

用事があって大阪に行っていました

帰ってきて教えられたんですが
すでに授業が始まってました

幸先のいい新学期です。一回目からすでに欠席してしまった。

written by nikq [/daily] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)]

<< 前のページ | 次のページ >>

nikq::cube

MySketch 2.7.2 written by 夕雨