logo

nikq::cube

2006年12月12日(火) 14:11

超圧縮MYC

特許公開2005−215751
として特許が公開されてた。ほらほら。
昔「詐欺じゃねえの?」って話題になったやつ。

IPDLで「ジェイジーエス」って検索すると出てくる。
http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl

で、見てみると
・基底関数郡から応用関数をGA生成
・応用関数のパラメータをGA推定
という、二段階GAをベースにしてるみたいだ。

詳細な説明 0023
【0023】
GA1では、バイナリコーディングを用いて関数の種類と結合を示す第1の染色体構造Aを決定する。
GA1における関数の種類としては、例えば、表1に示すように、eu(t)、ey(t)、sinu(t)、siny(t)、cosu(t)、cosy(t)、logu(t)、logy(t)、u(t)、y(t)等が挙げられる。ここで、u(t)は入力、y(t)は出力、1は定数項を表している。

…?入力そのものも引数に持つような関数を作るの?フィードバック?

written by nikq [/program] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)]

Comments

『タイトルなし』

GA使うのか…

たしかにこれなら一万分の一に圧縮することも出来るかもしれないけど
どれだけ時間かかるのやら。
再生はそれほど高コストでは無さそうだけど…

第一段階はGPのほうが素直な感じ

written by creeper

『ADPCMの』

ADPCMの係数をGAで適応的に生成するって話みたいですね。
やっぱ詐欺的だよなぁ、という印象。

どう考えても時間と圧縮率で割に合わない。

written by nikq

TrackBacks

nikq::cube

MySketch 2.7.2 written by 夕雨